クチコミ比較ランキング

いざ、あなたがオールインワン化粧品を購入しようとする際、何を基準にして商品を選ぶでしょうか。
おそらく入っている成分や値段など、いろいろな点から検討されるでしょう。
実は見逃しがちなポイントとして、オールインワン化粧品の容器のタイプがあります。
容器の形状には大きく分けると、「ジャー式」「チューブ式」「ポンプ式」の3種類があります。
ここでは、それぞれの形状のメリット・デメリットを紹介していきます。

容器の種類1:ジャー式

直接容器から中身をすくうのがジャー式です。
ジャーは口が広がっているので、残量が分かりやすいというメリットがあります。
また、直接取れるので、最後まで無駄なく使うことができます。
そして、中身がこぼれないから持ち運びにも便利です。
デメリットとしては、他の容器に比べ空気に触れやすいということが挙げられます。
「化粧品はたっぷり使いたい!」という方には、このジャー式が合うかもしれません。

容器の種類2:チューブ式

容器を絞って使うチューブは、空気に触れる面積が小さいため衛生的であることと、中身がこぼれにくいことがメリットです。
しかし、ジャー式と違い最後まで使い切ることが難しいことはチューブ式のデメリットと言えます。
「お出かけや旅行が好き」という方には、このチューブ式がぴったり。

容器の種類3:ポンプ式

ポンプ式の容器は、フタの開け閉めが不要です。
プッシュするだけで一定量がでるので中身を取りすぎることがありません。
また、最後まで清潔に使えることもポイントです。
一方で、中身が見えないのでどれだけ残量があるかがわかりにくいことや、残量が少なくなると中身が出しにくくなってしまうことがあります。
そして、前述の2つのタイプと違いポンプ式には構造上、持ち運びには向いていないという特徴があります。
「化粧やスキンケアはお家で済ませてから」という方には、このポンプ式がおすすめです。

以上、オールインワン化粧品の容器として定番の3つの形状をご紹介しましたが、あなたに合うタイプは見つけられたでしょうか。
オールインワン化粧品を買う際には、ぜひそれぞれの容器の特徴を思い出してみてください。

コラム一覧
オールインワン化粧品